肉体改造すんぞ~ と ベンチ150kg、スクワット200kg、デッドリフト250kgへの道。

主に筋トレ日記、健康、日常の出来事などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

糖質摂取はかなり重要です。

炭水化物は何かと邪魔者にされがちなんですが、これが以外に!重要なんですよ・・・





糖質の役割


ウェイトトレーニングなどの無酸素運動は、ATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれる
筋肉のガソリンになるものが必要で、これは、主クレアチン燐酸や
糖質から作られます。糖質はクレアチン燐酸によるATP合成がされた後に、
解糖系という回路で糖質を使い、ATPを再合成します。(解糖系のほうが遥かに長い時間
ATPを作り出すことが出来る)

つまり、糖質が足りていないとATPを作り出すことが困難になり運動能力の低下や、
集中力の低下を引き起こしてしまいます。
さらに、糖質が足りていないと、体は筋肉からアミノ酸を取り出して糖質を
作ろうとします。これを糖新生と言います。

この現象が起こると、いくらトレーニングしてプロテインなどを摂ったとしても
効果は減少し、糖質をしっかりとっている人より成長が遅くなってしまうのです。
また、トレーニングが長くなると筋肉を分解するホルモン(コルチゾルなど)が
分泌され、さらに筋肉がガンガン分解されると言う悪循環に陥ってしまいます。

糖質を摂取するタイミング



トレ前は、1時間半前にGI値の低いパスタや蕎麦、オートミールなど
体重1kg当たり1.2gを摂取すると良いでしょう。でも、時間の関係で
そんなものを食べてる余裕は無い人は、バナナ2本やおにぎり2個をジムへ向かう前に食べ、
トレーニング中に残りの糖質を割り振れば良いです。

トレーニング中から後の糖質の摂取
トレーニング中にまず体重1kg当たり0.4gブドウ糖を水に溶かして摂取します。
このとき濃度が0.06%以下になるように注意してください。
トレーニング後もトレ中と同じ用にブドウ糖を体重1kg当たり0.4gを摂取します。
プロテインやクレアチンなどと一緒にどうぞ。

これで、トレーニング中にスタミナ不足を感じていた人もかなり集中力が
持続し、身体のパフォーマンス向上が期待できます。


カーボドリンクの作り方


最後になりましたが、カーボドリンクの作り方です。
1ℓ以上入るペットボトルとBCAA、ブドウ糖の粉末を用意します。
20060216173825.jpg


まずBCAAを5gほど入れます。
20060216173853.jpg


次にブドウ糖の粉末を体重1kg当たり0.4gぶち込みます
jio.jpg


最後に水を入れてシェイクすればカーボドリンクの出来上がり♪
ShowLetter.jpg


この記事が参考になった方はクリックお願いします。

スポンサーサイト

テーマ:健康食品 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2006/02/16(木) 21:36:38|
  2. サプリメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<トレーニング日記63 | ホーム | トレーニング日記62>>

コメント

 ちゃんと考えているんですね。偉いです。
 私は意識してトレーニング後に食事を摂るようにしています。
  1. 2006/02/17(金) 11:28:46 |
  2. URL |
  3. 86ターボ #-
  4. [ 編集 ]

>ちゃんと考えているんですね。

最近勉強し始めました。今まではトレーニングの事
ばっかりだったので、栄養にも気を使おうかな、と思いまして・・・

>私は意識してトレーニング後に食事を摂るようにしています。

食後はたんぱく質や炭水化物はもちろんのこと、ビタミンB群を沢山
トレーニング後に摂るとかなり筋肉痛が軽減されるらしいです。
  1. 2006/02/18(土) 12:18:06 |
  2. URL |
  3. げんごろう #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://training.blog29.fc2.com/tb.php/92-f864d4f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。