肉体改造すんぞ~ と ベンチ150kg、スクワット200kg、デッドリフト250kgへの道。

主に筋トレ日記、健康、日常の出来事などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

筋トレをする時の最適な回数について

今回はウェイトトレーニングをするときの最適な回数設定について

書いていこうと思います。

と、その前にここで使う用語をまず解説していきます。

トレーニングの回数を数える時、8回とか10回とか

最初のうちは言うと思うのですが、ウェイトトレーニングの

世界では回数の事をレップスと言ったりします。

それと、何回が限界というのもRM(レペティション・マキシマム)という

のを使います。これらを使ってウェイトを知らない人に

「オレさぁ、昨日トライセプスエクステンションを8レップスやったんだよねー」

なんて言うとツウっぽく思われてちやほやされる事間違いなしです!
(うわ~きも!と思われる事も無きにしも非ず)

さて、そんな冗談はさておき、先ずは筋肥大に効果的な回数から

説明してきます。

筋肥大に効果的な回数はだいたい6レップス~12レップスが限界に

なる重量が効果的ですが、各部位によって最適な回数は異なってきます。

例えば、大胸筋広背筋などの上半身にあるデカクて力のある筋肉は

比較的低レップスのほうが反応がいいようです。

しかし、脚の筋肉前腕、カーフなどの筋肉は高レップスのほうが肥大しやすいといわれています。

特に前腕やカーフは持久力があってとってもどMな筋肉なので15レップス以上で

しかも一分程度の短インターバルで痛めつけてやってください。

強烈な熱痛みを出して反応してくれます。




ええっと、ちょっといらない事ばっかりかいてたら

長くなってしまったので、筋力アップやパワー向上などのは

また後日書く事にしますw

この記事が参考になった方はクリックお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2005/10/12(水) 01:43:08|
  2. 筋トレの基礎的な知識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トレーニング日記3 | ホーム | トレーニング日記2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://training.blog29.fc2.com/tb.php/6-040e9b63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。