肉体改造すんぞ~ と ベンチ150kg、スクワット200kg、デッドリフト250kgへの道。

主に筋トレ日記、健康、日常の出来事などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

筋力向上やパワー向上について

この前は筋肥大について書きましたが、今日は筋力向上、パワー向上について書きます。

筋力とは?

筋力とは簡単に言えば筋肉そのものが持っている力のことで、筋肉は大きくなっただけでも、筋力は向上します(筋力は筋肉の断面積に比例します)しかし、それだけでは筋肉は真の力は発揮できていません。

神経を発達させよう

最大筋力を発達させるには一般的に1RM~5RMの負荷を使ってトレーニングするのですが、このような高強度なトレーニングをすると筋肥大は起こりませんが、筋肉を収縮させる神経が活発になり、最大筋力を高める事ができます。このトレーニングは神経系のトレーニングなので筋肥大トレーニングのように追い込まずに、余裕がある状態で終了します。例えば5RMで3レップス全力で上げ下げする、など。



パワーとは?

パワーとは一般的に言われている力が強いという意味ではありません。パワーは筋力×スピードで表されます。つまり、強い力をスピーディーに出せて初めてパワーがあるという表現出来るのです。

パワーを向上させて効率よく筋肉を動かそう

パワーを向上させるには理論では最大筋力の30%~40%で素早く動かす方法と、最大筋力の約70%の負荷で最大スピードを目指すトレーニングがあるみたいです(ちょっと自信ない・・・)
最大スピードを目指す事によって、より沢山の筋肉を使う事を覚え、筋肉がより速く収縮するようになります。
スポーツに生かすトレーニングではクイックリフト(パワークリーンや廃スナッチなど)を主に行うみたいですが、ベンチプレスなどでもこれは使えると思います。


インターバルについて

筋肥大と違って、パワー向上や筋力向上の場合沢山インターバルをとるのが一般的なようで、最低でも5分は必要だと思います。
パワーリフターの方々は15分以上とる人もいるみたいですね。


この記事が参考になった方はクリックお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2005/10/19(水) 00:56:18|
  2. 筋トレの基礎的な知識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トレーニング日記7 | ホーム | トレーニング日記6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://training.blog29.fc2.com/tb.php/13-d2d192b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。